歯科助手の資格勉強法

歯科助手の勉強を始める切っ掛け
歯科助手通信講座比較トップへ ≫ 独学?通信?スクール?

歯科助手の資格は独学?通信?スクール?

悩む

最近は需要、人気ともに高まってきている歯科助手の資格ですが、資格を取得するまでにはどういった勉強方法があるのでしょう? 大きく分けて資格スクールに通学する、通信講座で学ぶ、独学するという3つの選択肢になると思われます。

ここではそれぞれの特徴を解説していきます。

資格スクールに通学して勉強する場合

習う

歯科助手のスクールはほとんどが初心者を前提として作られているカリキュラムなので難しいかどうかで心配は一切ありません。

今は100パーセント近い歯科医院・クリニックでパソコンを使用しており、パソコンを使いこなせないと、実際に働く場合も困ります。 スクールに通う大きなメリットの一つとして実際のコンピューターを実際触って、目の前で講師に教えてもらえる事が挙げられます。また歯科医院での実習もあり実際に業務を経験できるのはもう一つの大きなメリットでしょう。

実際はパソコン操作などができる人は手軽に取得できる通信を選ぶ場合が多いためか、通学のみのカリキュラムは現在あまりありません。

通信講座で勉強する場合

通信教育

通信講座を選ぶメリットはまず、自分の好きな時間・スケジュールで学習が進められるという点です。地方にお住まいでスクールが近くにない人、他のいろいろなことと両立であまり多くの時間がかけられないという人などに通信講座は向いているでしょう。

今の通信講座は質の高い内容で、テキストだけでなくDVDなど教材が充実しています。また、勉強していて分からない点が出てきた時にも今は受講者のための窓口が設けられていますから、通学生と同じように講師に質問することができます。

ほぼすべての歯科助手資格の通信講座は最後の資格試験は在宅試験です。

現在はほとんどの歯科助手資格取得者は通信で資格を取得しているという現状です。

独学の場合

独学

歯科助手資格の場合、大概の場合受験資格に ”指定の学校のカリキュラムを修了した者”という制限がある場合が多く、ここでは独学で勉強して資格を取らずに就職した場合も含めて書きます。

独学は確かに費用が安くすませられます。しかし残念ながら理解するまでに多くの時間を要すること、書籍を読んでいるだけの勉強では効率がよくない、業界の最先端の情報がなかなか入ってこないなどといった問題点もあります。

とくに、これまで歯科医療にかんして知識や経験がないまったくの初心者の場合には独学は難しいかもしれません。独学では実際の現場をイメージしにくいという事もあります。

やはり資格スクールに通学するか通信講座で勉強する方がかえって近道になる場合が多いのです。

管理人のおすすめ講座「たのまな」はこちら