歯科助手通信講座比較トップへ ≫ 歯科助手の仕事

歯科助手の仕事内容とは

歯科助手

おそらく歯医者さんへ行って、歯科助手を見たことないという人はいないでしょう。 歯科助手とは、「治療を除くすべての業務」を全般的に担当している人のことです。歯科助手は歯科アシスタントともいわれています。

ここでは歯科助手が普段実際にどんな仕事をしてるのか解説します。

歯科助手の受付業務

歯科助手

歯科医院を訪れるとまず最初に受付で患者さんと接するのが歯科助手です。事務的な仕事としては、電話して予約を取る時にまだ空いている日時を教えてくれたり、カルテの入力、患者さんを診察台へ案内、帰る時の会計などをします。

治療費の点数など計算し、保険料を差し引いて請求するなどの業務をレセプト業務と言います。最近はパソコンをを使ってレセプト業務を行いますが、そのコンピューターをレセコンと呼びます。歯科助手の通信講座で学ぶのはレセプト業務が中心です。レセプトのソフトは歯科医院によって違う場合がありますが、基本的なレセプトの知識がなくては操作できません。

患者さんが電話または歯科医院を訪れて最初に接するのは受付の人つまり歯科助手です。なので接客業と似た要素もあり、てきぱきした対応が求められます。そのクリニックの顔となるわけです。もちろんパソコン操作の基本的な知識も必要です。

アシスタント業務

歯は大事

診療介助の仕事としては治療用器具一式の消毒や準備や片付け・洗浄、薬品や備品の管理、診察台のライトの位置の調節、患者さんにエプロンを付けたりする事前準備。

また治療中に必要な器具を歯科医師にそのつど手渡しする、バキューム操作(治療中に出る歯の削りかすや水などを掃除機に似た機械で吸い取る)、歯型を取る粘土状の材料を練る、銀歯と歯を接着するセメントを作ったりなども歯科助手のできる仕事です。

診療介助の面でも器具や薬品、麻酔、レントゲンについてなど、たとえ直接治療をしない助手であっても治療の流れを把握したり十分な専門知識を勉強することは必要です。また、診療中に周囲のことによく気がつき気配りのできる人が求められます。

ちなみに歯科助手は患者さんの口に手を入れる治療アシスタントはできません。

歯科助手の業務は本当に多岐にわたっています。ですが最近は、規模の大きい歯科医院だと事務担当と診療介助担当は区分されている場合がありますが日本のほとんどの歯科が中小規模です。ほとんどの場合、歯科助手が受付もアシスタントも行うケースが多いのが現状です。どんな歯科医院でも就職できるスキルを持っていれば転職にも困りません。

人気があり高いニーズがある歯科助手

管理人

現在東京ではコンビニの数より歯科医院の方が多いという現状です。そのため歯科助手の求人数も増え、ニーズの高い職種です。

歯科医院は予約制となっている所が多いので極端に混雑することは少なく、落ち着いた環境で働けます。 また勤務形態についてはパートや契約など比較的柔軟に働ける業界なので、女性は結婚しても子供を持っても一生続けていくことのできる職業です。

そのため歯科助手の資格を持つという事は”一生モノのスキル”を短期間で手に入れられるという事です。

  • たのまな
  • ユーキャン
  • ニチイ
copy right© 歯科助手の通信講座を比較しよう