歯科助手通信講座比較トップへ ≫ 歯科助手の資格種類と難易度

いろいろな歯科助手資格・その他医療系資格との違いは?

歯科助手

現在では、実に細かくいろいろな医療系の民間資格ができています。「歯科助手」と付いた資格と言っても多数の資格があります。ここではいろいろな歯科助手資格を紹介します。

歯科助手のほかに歯科衛生士、歯科技工士、など他の歯科系資格もあります。歯科助手は他の資格とどういった点が違うのでしょうか?

いろいろな歯科助手資格

歯科助手の資格は資格によってどのような違いがあるのでしょうか?医療事務の歯科という資格もあれば資格名に「歯科助手」と付いたものもあります。

歯科助手専門員

歯科助手専門員は職業技能専門教育研究機構認定の資格。カリキュラムも○デンタルアシスタントとは○歯の知識○歯牙疾患○歯周疾患(歯ぐきの治療)というように、医療事務(歯科)のような受付に特化した資格ではないのが特徴です。

歯科助手専門員は「たのまな」の歯科助手講座を通信添削の課題(全3回)を一定の成績で修了することで取得できます。認定証の発行は3,000円です。

たのまなの歯科助手はこちら

歯科・医療事務管理士(R)

「歯科・医療事務管理士(R)」は医療保険制度や診療報酬のシステムを理解し、正確な算定もできるスキルを証明する資格です。

試験の内容は学科10問(法規、医学一般、保険請求事務)と実技3問(診療報酬明細書作成)です。試験の時にはテキストなど資料を持ち込み、計算機の使用が認められています。 学科を100点満点中70点以上、実技を1問につき50%以上、かつ全体で70%以上で合格です。合格率は70%くらいと発表されてます。

試験は年間で6回行われるので、他の資格試験に比べチャンスが多いといえます。受験資格はありません。受験料は7500円です。

当サイトで紹介してる通信講座の中では”ユーキャン”でこの資格を取得できます。ユーキャンを受講すると在宅試験でこちらの資格が取れます。

ユーキャンの歯科助手講座詳細はこちら

歯科助手技能認定

歯科助手技能認定は受付業務から診療報酬算定の基礎、診療介助、機器の保守など、歯科助手として必要な知識と技術のレベルを評価する資格。日本医療教育財団が認定する、信頼性の高い資格です。

資格取得の試験はなく、当サイトで紹介してる講座の中ではニチイの歯科助手講座のカリキュラムを修了することで取得できます。

ただ認定されるには医療事務講座(歯科)の両方を修了する必要がある、というやっかいな点もありますが、歯科助手技能認定のカリキュラムを修了済みとは履歴書に書けます。

詳しくはニチイの無料資料請求で

歯科助手専門秘書検定資格

歯科

一般財団法人JADP認定「歯科助手専門秘書検定資格」は実際に歯科医院で働く際の受付事務業務、患者さんのカルテ作成、歯科器具の消毒と準備、その他歯科医師のサポートなどの知識を持っていることを証明する資格です。

試験の受験資格は「JADPが指定した教育機関での全カリキュラムを修了した人」です。 カリキュラム修了後に随時、在宅で受験することができます。70パーセント以上を正解すると合格となり、資格認定証が交付されます。

当サイトで紹介してる通信講座の中では”キャリアカレッジジャパン”でこの資格を取得できます。

キャリアカレッジジャパンの詳細はこちら

歯科助手検定

医療福祉教育振興グループが主催する「歯科助手検定」は1級、2級、3級に分かれています。試験は2級、3級は年3回、1級は年1回開催されます。

3級では歯科医療の基本的な知識を持っていて、なおかつ簡単な診療方法を把握していることが求められます。2級になるとさらに広い知識と、診療方法について応用的な内容も知っている必要があります。1級は高い技能、診療体制についての正確かつ迅速な対応が要求されます。

合格率については公表されていませんが、各級とも70%以上の正答で合格、3級から順番に取得するしかなく、飛び級はできません。

歯科助手検定の詳細はこちら

歯科医療事務検定

全国医療技能検定協議会が主催する「歯科医療事務検定」も1級から3級までに分かれています。

3級は医療保険制度に関する知識、治療内容の把握、レセプト(明細書)への正確な記入ができること。2級になると応用的な内容や、治療内容を見て病名を判断できる程度の知識は必要になります。1級はさらにレベルが上がり、保険の点数などの計算も正確にできなくてはなりません。こちらも合格率は非公開となっていますが80%以上の正答で合格と発表されてます。

歯科医療事務検定はこちら

歯科助手資格認定制度

歯科助手

歯科助手認定制度は、下から順に乙種第二、乙種第一、甲種、とレベルが上がっていきます。

乙種第二は歯科事務にかんする内容が中心です。乙種第一は治療室で行う業務にかんする知識・技能を問われます。 甲種はさらに高度な内容の知識・技術ともに要求されます。

こちらは試験ではなく〜時間以上講習を受ける事で認定が受けられます。

歯科助手資格認定制度の詳細はこちら

歯科・診療報酬請求事務能力認定試験

管理人

「歯科・診療報酬請求事務能力認定試験」は厚生労働省の認定を得ている資格であり、就職のさいの信頼度も高い資格です。

幅広い年齢層の人がチャレンジしています。受験者は年々増えてきており、現在1回の試験で1万人を超えるという非常に人気のある資格試験のひとつで、受験はどなたでもできます。試験は毎年7月と12月に実施され、受験料は9000円です。

試験内容は、学科試験(医療保険、公費負担、療養担当規則、薬価基準、材料価格基準、医学・薬学、医療関連法規、介護保険制度、診療報酬などにかんする知識)と実技(診療報酬請求事務)に分かれています。 なお、試験の時には資料などを持ち込んで受験することができますが、合格率は約30〜40パーセントと難易度の高い試験です。

歯科の診療報酬請求事務能力認定試験の通信講座を行ってる学校は少なく、受験者数も医科と歯科では約3倍ほど医科の受験者数が多いようです。

結局、歯科助手と医療事務歯科はどう違うの?

歯科助手

歯科助手と名前の付いた資格と"医療事務(歯科)"といった名前の資格がありますが、どう違うのでしょうか?

実際、医療事務歯科は事務のレセプト業務に少し特化してはいますが、どちらの資格も事務も診療の補佐も学びます。

個人経営がほとんどの日本の歯科では完全な分業は少なく、事務に特化していても、補佐のみ学んでもあまり意味がありません。

ニチイのようにどちらも取得するカリキュラムはありますが、どちらかだけでも採用してくれる場合もあります。

ただ未経験で何の知識もない状態で働くより、どちらかでも学んで就職した方が安心とは言えます。

歯科関連医療資格は歯科助手の他にどんな資格がある?

同じ歯科関連の歯科衛生士、歯科技工士の資格とはどのような点が違うのでしょう?

 

歯科衛生士

歯科衛生士の場合は専門学校や短大などを卒業して国家試験に受からなければなりません。勉強の期間は3~4年です。仕事は歯石を除去したり患者さんに歯磨きの指導、歯ぐきの検査などいろいろあります。

 

歯科技工士

歯科技工士は歯科医師からの指示書をもとに義歯(入れ歯)や詰め物(銀歯、セラミックなど)の製作、加工をするのが仕事です。養成所や短大、大学などを出て国家試験に合格しなければなりません。勉強の期間は2~4年です。

 

歯科助手

これに対し歯科助手には国家試験というものはなく、勉強の期間は半年から1年、国家試験ではありませんが民間資格が複数あります。

「歯科助手認定制度」、「歯科助手検定」、「歯科医療事務検定」などの名前の資格は、いわいる「歯科助手」の資格です。

歯科助手は衛生士と違い、患者さんの口の中に手を入れることはありません。歯科助手の主な仕事は受付、会計などといった事務業務だけでなく、歯科医師が使う診療器具の消毒や準備をしたり、診療中のアシスタントなどです。

  • たのまな
  • ユーキャン
  • ニチイ
copy right© 歯科助手の通信講座を比較しよう