医療系資格は歯科助手の他にどんな資格がある?

歯科助手の勉強を始める切っ掛け
歯科助手通信講座比較トップへ ≫ 医療系資格種類

歯科助手以外の医療系の資格の種類は?

歯科助手

現在では、実に細かくいろいろな医療系の資格ができています。

歯科助手のほかに歯科衛生士、歯科技工士、医療事務、医療秘書、調剤薬局事務、介護事務、などそれ以外にも無数に存在しています。 歯科助手は他の医療関係の資格とどういった点が違うのでしょうか。

ここではその違いについて解説します。

歯科関連資格

同じ歯科関連の歯科衛生士、歯科技工士の資格とはどのような点が違うのでしょう?

 

歯科衛生士

歯科衛生士の場合は専門学校や短大などを卒業して国家試験に受からなければなりません。勉強の期間は3~4年です。仕事は歯石を除去したり患者さんに歯磨きの指導、歯ぐきの検査などいろいろあります。

 

歯科技工士

歯科技工士は歯科医師からの指示書をもとに義歯(入れ歯)や詰め物(銀歯、セラミックなど)の製作、加工をするのが仕事です。養成所や短大、大学などを出て国家試験に合格しなければなりません。勉強の期間は2~4年です。

 

歯科助手

これに対し歯科助手には国家試験というものはなく、勉強の期間は半年から1年、国家試験ではありませんが民間資格が複数あります。

「歯科助手認定制度」、「歯科助手検定」、「歯科医療事務検定」などの名前の資格は、いわいる「歯科助手」の資格です。

歯科助手は衛生士と違い、患者さんの口の中に手を入れることはありません。歯科助手の主な仕事は受付、会計などといった事務業務だけでなく、歯科医師が使う診療器具の消毒や準備をしたり、診療中のアシスタントなどです。

歯科助手と医療事務歯科はどう違うの?

歯科助手

歯科助手の資格の中でも”医療事務歯科”といった名前の資格があります。いわいる「医療事務」は歯科以外の病院の受付業務を学ぶ資格でが歯科助手と医療事務歯科はどう違うのでしょうか?

実際、医療事務歯科は事務に少し特化してはいますが内容はほぼ一緒です。どちらの資格も事務も診療の補佐も学びます。

個人経営がほとんどの日本の歯科では完全な分業は少なく事務に特化していても意味はないですし、実際現在ではこの2つの資格はほぼ同じ内容の資格です。

管理人のおすすめ講座「たのまな」はこちら