歯科助手通信講座比較トップへ ≫ 歯科助手の給料

歯科助手の給料はどうか

給料を受け取るイラスト

歯科助手の給料は、雇用形態などの条件によって違いが出てきます。 雇用形態としてはパート・アルバイト、派遣社員、正社員があり、それぞれ給料が違います。

もちろん企業によっても、地方によってもだいぶ違ってきますが、ここでは、それぞれの平均的な給料について解説しています。

パート、アルバイト、派遣社員

歯科助手

歯科助手のパート、アルバイトだと未経験で時給850円前後、経験者で1000円前後が多いでしょう。

派遣社員だと、未経験で時給1000円ぐらいから経験者で2000円程度といったところです。ただ派遣社員の場合は昇給システムのない所が多く、年数や経験を長く積んでも収入が増えていくとは限りません。歯科助手の派遣社員は他業種に比べて時給の良い所が多く、場合によっては正社員とあまり変わらないぐらいの年収を見込める人もいます。ただしパート・アルバイトや派遣社員の場合は、一般的にボーナスはありません。

歯科助手正社員の給料

歯科助手の正社員はだいたい18万円ぐらいからのスタートで、経験者だと20万円から22万円程度です。他の一般的な事務系のお仕事と比較してみると、2万円から3万円程度高めになっているようですね。

年収にすると250万円前後ですが地方よりは首都圏や大都市圏の方が給料が高く、また各種資格を持っている人の方が待遇が良くなります。勤務年数が長くなり、経験を積んでいって有能な歯科助手になれば月給25万円前後、年収にして300万円を超える人もいるようです。ボーナスは2カ月分程度となっている勤務先が多いでしょう。

このほか皆勤手当、時間外手当、通勤手当などが付く所が多いようです。

資格は是非持ちましょう

悩む

歯科助手は民間資格があるのみで国家資格や国家試験がないので、資格未取得でパートやアルバイトでもやっている人はいます。たくさん求人情報も出ています。そのため資格を持たずに就活してる方も多いかとはおもいます。

しかし、まったく何も知らないよりは資格を取得していて専門知識があった方が即戦力になれますし、もちろん給料の面でも有利です。たとえ未経験の人が歯科助手の求人に応募したとしても、各種資格を取った上で応募すればそちらの方が給料が高くなる場合もあります。資格手当は5000円から1万円ぐらいプラスされる勤務先が多いようです。

採用する側もその人がどこまでできるのか解らないと採用しづらいでしょうし、資格手当が出てるというのは新人に1から教えるのは手間=人件費と考えているのです。それに就職する本人としても絶対に知識があった方が安心して就業できます。

歯科助手はものすごく高収入という職種ではないですが、キャリアを積んでいけば自分の努力しだいで収入を増やしていくことも十分可能です。

勉強をなかなか始められない方はこちら

copy right© 歯科助手の通信講座を比較しよう