ユーキャンの歯科助手講座

ユーキャン

テレビCMなどで有名な通信講座最大手のユーキャンはみなさんご存知なのではないでしょうか?ユーキャンは通信講座はすでに老舗と言ってもいい30年の歴史と蓄積されたノウハウが魅力です。

100講座以上あるユーキャンの資格の中でも歯科助手講座はテキスト持ち込み可能の在宅試験で、比較的簡単に資格が取得できます。ここでは歯科助手を目指す人のために、ユーキャンの歯科助手通信講座を詳しく解説しています。

ユーキャンの歯科助手講座詳細はこちら

ユーキャンのテキストは解かりやすい初学者向け

ユーキャンの写真や図解が豊富なテキストは初心者向けで分かりやすいので、どなたでもついて行けます。区切りが細かいので、隙間時間を利用した勉強にはぴったりです。またテキストだけでなく専門用語を解説した「歯科用語資料集」(プロのドクターも感心した、充実した内容)もあります。

知識や学科以外の面では患者さんへの応対・受付などをDVDで学べます。具体的なシーンを例にあげて解説つきで見られるので、将来実務に就いた時のイメージがわきやすくなります。

学習期間と充実のサポート

歯科助手

標準的な学習期間は5か月ですが、いろいろな理由で期間内に終わらなかった人も12か月まで延長できるので安心です。このサポート期間は他の通信講座の中でも長い方です。

通信講座は1人で勉強するということで、学習途中で不安を感じる受講者もいるかもしれませんがユーキャンでは全部で4回の添削指導が受けられます。毎回、正解だけでなく詳しい解説を添えて返却されてくるので効率よく実力アップできます。

ユーキャン会報

また受講期間中はユーキャンから、よくある質問の解説などが掲載された会報「歯科助手ホットライン」が届きます。

また、メール、ファクシミリ、郵送で質問ができ、経験豊富な講師陣が答えてくれます。講座の修了時には修了認定試験があるのですが、万が一落ちてしまっても受講期間内なら3回まで受けることができます。修了後には就職活動のサポート(大手派遣会社への登録を案内)もしてくれます。

自宅受験

在宅試験

ユーキャンの講座を修了すると、受講期間内に行われる「歯科医療事務管理士R」の資格試験を在宅で受験することができます。実際の現場でも暗記力が問われる訳ではなく資料を調べながら行うのが普通です。試験はテキストを見ながら解くことができるので、お子さんがいる人などは便利ですね。受講期間内であれば何回でも受けることができます。

試験はマークシートの学科とレセプト作成の実技試験で、試験は年6回(1月、3月、5月、7月、9月、11月の第4土曜日)もあるのでチャンスはいつでもあると言えます。

業界で最も有名なユーキャンなら安心して学習できます。

ユーキャンの歯科助手講座の口コミ・評判

ユーキャンの歯科助手講座の口コミ・評判を実際に受講した方から集めました。

ユーキャン本家サイト「合格者の声」

意外と教材が少ないと思った。なので、プレッシャーを感じることはありませんでした。一番気に入った教材は『歯科点数帳』。今でも職場で使ってる。実際のレセプト用紙で手書きをしながら点数計算が学べた。

ママ友のなかに、ユーキャンを受講している人がいて、"ユーキャンはいいよ"とのことだったので受講を決めました。やはり体験した方の口コミの信用度は高いですよね。

資格取得して、患者さんとの信頼関係が築けるようになってきたことが一番大きな変化です。

スクール口コミ検索サイト

良いところは歯科助手は在宅試験が出来た事と実際の試験の問題よりユーキャンのテスト問題や練習問題のセプトの方がむちゃくちゃ難しかった事です((笑))でも難しいレセプト問題を沢山解いたおかげで本番の在宅受験の問題が私には簡単に感じました。 悪いところは電話で受験日等問い合わせてもたらい回しです(T_T)ユーキャンでも歯科助手専門ダイヤルで問い合わせしてみたいな言い方でした。

ユーキャンの歯科助手講座詳細はこちら

copy right© 歯科助手の通信講座を比較しよう